実話を元にした映画『 バンクーバーの朝日 』ジャパンプレミア。レジー笠原たちが活躍した頃の日本・表参道は・・

2014.10.22

歴史の波間に埋もれていた日本人野球チーム”バンクーバー朝日”の物語が映画化

こんにちわ!先日、映画『バンクーバーの朝日』の記者会見に行ってまいりました。
第二次世界大戦の始まりとともに歴史の波間に埋もれてしまった、”バンクーバー朝日”という実在の野球チームの映画です。1900年代初頭のバンクーバー。まだ日本人に対する差別が激しかった時代、いかにして彼らの野球が周囲の心を捉えていったのか。過酷な時代の中を懸命に生き抜いた人間のたくましさや温かさを描いた大作です。

日本公開に先駆け、第33回バンクーバー国際映画祭 観客賞も受賞しました。

「バンクーバーの朝日」main
(c)2014「バンクーバーの朝日」製作委員会

『バンクーバーの朝日』
公開日:2014年12月20日(土)
公式サイト:http://www.vancouver-asahi.jp/

2002年。”バンクーバー朝日”の選手が再びマウンドに立ちました。

2002年、カナダ・トロント。イチローや佐々木、長谷川が見守る中、始球式のマウンドに5人の老人が現れました。彼らは戦前のカナダ・バンクーバーに実在した日本人野球チーム”バンクーバー朝日”のメンバー。老人がボールを投げると球場は湧き、スタンディングオーベーションで称えられたそうです。

さらに翌2003年、”朝日”はカナダで野球の殿堂入りを果たしました。式典のメインは数々の記録を残したスター選手にも関わらず、観客からその日一番の歓声と祝福を持って迎えられたのは”朝日”だったそうです。90歳を超える老人達の目には涙が浮かんでいました。そして翌日カナダの新聞の見出しにはこんな文章が…「昨日も”朝日”の勝利だった。」

彼らがどんな野球スタイルで観客を魅了したのか、、、その理由は映画を見てね!


妻夫木聡・亀梨和也・勝地涼・・若手実力派と石井裕也監督が記者会見!

戦争が迫る重い時代を描きながらも、この映画は正統派のエンターテインメント作品として、幅広い層が楽しめる内容になっています。それは作品を語るキャストのコメントからも感じられました。

会場には石井裕也監督、妻夫木聡さん、亀梨和也さん、勝地涼さん、上地雄輔さん、池松壮亮さん、高畑充希さん、宮﨑あおいさんという豪華メンバーが登場。
ちなみに進行役はフジテレビの笠井アナ。なぜか会場がちょっとウケていたのが面白かった。。
会見中、心にささった言葉をピックアップしてみました。

石井裕也監督
 石井裕也監督

監督と言うより出演者の一人のような印象の石井裕也監督。『舟を編む』が史上最年少で米国アカデミー賞外国語映画部門 日本代表作品に選出されるなど、国内外ともに評価が高い、気鋭の監督です。

石井裕也監督
「日本映画として海外を舞台にした映画を作ると言うのは挑戦でしたが、先日バンクーバー国際映画祭で観客賞を受賞して僕たちの努力が報われたということと、作品の強度を証明できたんじゃないかなと感じています。戦前のバンクーバーが舞台の日系カナダ人の話ではあるんですけれど、現代の日本人や海外の人の心の底にも響くような作品を作りたいと思いました。また、そうしなければならないという気持ちがありました。」


レジー笠原役の妻夫木聡さん
 レジー笠原役の妻夫木聡さん

主演の妻夫木さんは実際にバンクーバー国際映画祭に行き、現地の観客の楽しむ反応を見たとき「受け入れられた」と感じ、涙が出たそう。”バンクーバー朝日”のメンバーで、唯一健在のケイ上西功一さんと一緒に作品を観た感想を語りました。

妻夫木聡さん
「野球の場面は本当に食い入るように観ていらっしゃいましたね。フランクがファインプレーをするシーンがあるんですけど、その時”おお!やったやった!”と拍手していたんですよね。フランクはサードなんですけれど、実際ケイさんもサードなんですよ。だから自分を投影して観ていたのかもしれないですね。ケイさんが拍手しているのを見て、またウルッときました。最終的に”朝日”が優勝する場面は涙を流していらっしゃいました。すごく嬉しかったです。」

ブラック地に白いドット柄のスーツをかっこ良く着こなしていた亀梨さん。実際に小学校1年から中学校1年生まで野球をやっていた彼は、撮影中も皆で野球の練習をしながらチーム一丸となったことを話しました。

亀梨和也さん
「撮影中も朝はまず集まって、お芝居をする前にみんなでランニングをして、ストレッチして、キャッチボールして、、本当にチームとしてやっていました。監督もプレーの撮影シーンは、実際に映っていないところであっても正確にボールがいかないと絶対にOKを出さない。そういった意味で野球に真摯に向き合いながら撮影させてもらいましたし、”朝日”のキャラクターのひとり一人が野球に飢えていて、ここ(球場)が”光”で、本当に重要な場所なんだ、というのを感じました。」


asahi_katuji
ケイ北本役の勝地涼さん

asahi_kamiji
トム三宅役の上地雄輔さん


話し出すと場が笑いに包まれるムードメイカー・勝地さん。時代感覚を演技に活かす大変さを語りました。

勝地涼さん
「その時代のつらさだったり、苦しみを文字で(台本を)読んだとしても、表現できないんじゃないかなという不安はありました。けれども、実際に撮影現場に入ってオープンセットに立ってみたりして、球場から自分の家へ帰る道で、実際にカナダ人がいっぱいいる光景だったり、その距離感だとか、、、その場所に立っているうちに、だんだんその気持ちが分かっていくような感覚がありました。」

そう、この作品はカナダではなく足利市に巨大なオープンセットを建造し、その中で撮影が進行したのです。打ち上げの前には地元の野球チームと試合もしたらしい。なんと豪華な・・。

上地雄輔さんも皆の緊張をとくセンスが抜群。現場にいればいるほど楽しくて、この組にいることができて良かったと真面目に語った後、合宿生活のような現場で撮影がないときの行動についてコメントしたときは思わず一同が大爆笑しました。

上地雄輔さん
「(撮影がないときは)みんなでご飯に行ったり、、、お酒を飲んだり。サウナに行ったり、岩盤浴に行ったり、、、お刺身食べたり。、、、、で、また飲んだり。そんな日々でした(笑)。」(場内爆笑)


asahi2_ikematsu
フランク野島役の池松壮亮さん

asahi_takahata
エミー笠原役の高畑充希さん


話しているときの表情があまりに平静なので周囲から逆に笑われていた池松さん。少ない言葉を選んで丁寧に答えました。

池松壮亮さん
「(メンバーとの絆は)本当にいいチームだったんですよね…。最初からいいチームだったという訳ではなくて、どんどんいいチームになっていくその過程もすごく面白くて、皆がそこに向かっていた部分もあるので、恵まれていたなと思います。」

シンプルかつ華やかな出で立ちの高畑さん。コメントもキラキラ輝いていました。

高畑充希さん
「この撮影現場に行く度に、現場にいる皆、ひとり一人、端から端まで全員が”絶対いい映画にするぞ!”という熱気に溢れていて、その場にいることができたのがとても幸せでした。涙が喉の辺りでずっと出そうで出なくてウッとなる映画だなって、最初に観た時に思いました。」


笹谷トヨ子役の宮﨑あおいさん
 笹谷トヨ子役の宮﨑あおいさん

最後は一番控えめなのに存在感が強かった宮﨑あおいさん。笑顔が素敵でした。

宮﨑あおいさん
「私は今回、数日だけの参加だったので、こうして皆さんと一緒に並んでいるのがものすごく不思議で、どんな顔をしてここに座っていればいいのか緊張しているんですけれど、また石井組に参加させていただけたことはすごく光栄でした。監督の楽しそうに演出される姿をまた見られて楽しかったです。」


と、まあ真面目なトークで始まったのですが。

キャストたちの仲がよさそうなこと!見て下さい。
↓↓↓最初はこのように緊張ぎみだったのに・・・。↓↓↓

asahi03_1

↓↓↓徐々にこんな感じに・・・。↓↓↓

asahi03

↓↓↓緊張していたこのお三方も・・・。↓↓↓

asahi01

↓↓↓こうなったり。心底笑顔で素敵です!↓↓↓

asahi02

この作品、ぜひとも劇場の大型スクリーンで鑑賞を。このエリアではTOHOシネマズ 渋谷がおすすめですよ〜!

レジー笠原たちが活躍した頃の日本・表参道では・・

最後にこの映画を「おもてサンド」ならではの視点でつなげてみましょう。”バンクーバー朝日”が活躍した1914年〜1941年、既に表参道付近でお店を営んでいた主な老舗を創業年順に調べてみました。表参道の先駆者とも言うべきお店ばかりです。

中村園
明治十五年(1882年)創業。茶葉屋さん。最初の店舗は青山学院大学付近でしたが戦災で焼失、北青山へ。現在は東京オリンピック開催のため、再移転した銀座線外苑前駅そばにあります。

山陽堂書店
明治二十四年(1891年)創業。数多くのメディアでも紹介されている。著名人のファンも多い、表参道で一番有名な本屋さん。谷内六郎氏によるモザイク壁面が目印。

青山三河屋
明治三十四年(1901年)創業。青山で最も歴史ある酒屋さん。おもてサンドも良くここでお酒を買っています。

青山花茂
明治三十七年(1904年)創業。上品な品揃えの生花店。いけばな花材も取り扱っています。

紅谷(べにや)
大正十二年(1923年)創業。青山の和菓子店。かわいいミニどら焼きは表参道の手土産として女子に人気。
食いしん坊たちが選んだ! ベスト・オブ・表参道界隈の「手みやげ」

菓匠 菊家
昭和十年(1935年)創業。職人技術への評価が高く、表参道ジモティーが熱烈推薦する和菓子店。

ことぶきや
昭和十五年(1940年)創業。表参道交差点名物、信楽焼の大狸がたたずんでいる茶道具・華道具専門店。外国人観光客からも人気。
【表参道の老舗】1940年創業「ことぶきや」インタビュー!
【写真で見る、表参道 いま・むかし】 -ことぶきや篇-

70年以上も前だけど、70年ちょっとしか経っていないとも言える。大変な時や幸せな時を繰り返しながら、その先に今の表参道があるんだなと感無量になった1日。『バンクーバーの朝日』を観たら身近なレジーたちを探してみるのもオススメです。
老舗のお店をご存知の方からの情報も待ってます♪ではでは!


店名 TOHOシネマズ 渋谷
営業時間 映画の上映時間に準じる
定休日 不定休
住所 東京都渋谷区道玄坂2-6-17
アクセス JR・東急・京王井の頭線・東京メトロ各線「渋谷駅」下車 徒歩5分
TEL 050-6868-5002
※電話番号のお掛け間違いにご注意ください
(24時間自動音声案内・お客様お問い合わせ・FAXサービス)
※AM 9:00 ~ PM 9:00 は、オペレーターへ転送できます
URL http://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/043/TNPI2000J01.do
備考 隣接の建物に有料駐車場有り。
名称:トラストパーク渋東シネタワー
営業時間:24時間
※入場料金等の割引、駐車料金の割引はございません。
関連施設:渋東シネタワー
地図

掲載店舗の情報は、最新の情報と異なる場合があります。ご来店の際は、念の為、店舗へ直接ご確認することをお勧め致します。
万が一、掲載情報に誤りがありましたら、恐れ入りますが、編集部までご連絡を頂けると助かります。

たぬプロフィール

たぬスタンプ

オンラインショップ

  • キャラクター・スタッフ紹介
  • これキャラ

    ももんずさんどうぃっち

ページの先頭へ