「特別展 ガウディ×井上雄彦」7月12日から六本木 森アーツセンターギャラリーにて開催

2014.04.24

ビッグニュースです!!!

世界的に有名なスペインの建築家アントニ・ガウディと、漫画家の井上雄彦さんの展覧会が、7月12日から六本木の森アーツセンターギャラリーにて開催されます。
建築家と漫画家による異色な組み合わせの展覧会。もう、気になって仕方がありません!私は先日行われた記者会見へ行ってきました!

※ページの最後に「特別展 ガウディ×井上雄彦 -シンクロする創造の源泉-」ご招待券プレゼントのご案内があります!

人物紹介

画像:アントニ・ガウディ photo: Audouard & C.ª, Barcelona © Institut Municipal de Museus de Reus

アントニ・ガウディ(1852~1926)
スペイン、カタルーニャ出身の建築家。19世紀から20世紀にかけてモデルニスモ(スペインにおけるアール・ヌーヴォー)期にバルセロナを中心に活動。1883年、主任建築家に就任以来、没するまでその生涯を捧げたサグラダ・ファミリアをはじめ、グエル公園、カサ・ミラなどの作品群が世界遺産に登録されている。現在も建設が進められているサグラダ・ファミリアは、ガウディ没後100年にあたる2026年に完成予定。(「特別展 ガウディ×井上雄彦 -シンクロする創造の源泉-」公式HPより引用)

画像:井上雄彦 ©I.T.Planning、日経BP社(写真:川口忠信)

井上雄彦(1967~)
漫画家。代表作に国内発行部数1億部を突破した「SLAM DUNK」、連載中の「リアル」、「バガボンド」がある。文化庁芸術選奨新人賞、手塚治虫文化賞マンガ大賞など受賞多数。美術館全体を使った「井上雄彦 最後のマンガ展」、真宗大谷派東本願寺へ描き下ろした屏風絵「親鸞」の制作など、これまでの漫画家の枠を超えた活動も反響を呼んでいる。昨年12月、「2013-2014日本スペイン交流400周年」の親善大使に就任。(「特別展 ガウディ×井上雄彦 -シンクロする創造の源泉-」公式HPより引用)


日本スペイン交流400周年記念特別文化事業で夢のコラボレーション

日本とスペインの交流400周年を記念する特別文化事業として「特別展 ガウディ×井上雄彦 -シンクロする創造の源泉-」の開催が決まりました。
日本とスペインを代表する異なるジャンルのアーティストが、時空を超えたコラボレーション!とても興味深い展示内容の一部をご紹介します!

「特別展 ガウディ×井上雄彦 -シンクロする創造の源泉-」
会期:2014年7月12日(土)~9月7日(日)※会期中無休
時間:10:00~20:00(最終入場は19:30)
会場:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ 森タワー52階)
料金:一般・大学生 1,800円(前売り 1,600円)、中学・高校生 1,300円(前売り 1,100円)、4歳~小学生 800円(前売り 600円)

※前売りチケット販売:2014年5月17日(土)10時~
チケットの詳細は公式HPをご確認ください。

※森アーツセンターギャラリーでの展示後は、金沢、長崎、神戸、仙台を巡回予定。詳細は公式HPをご覧下さい。

六本木ヒルズ,森アーツセンターギャラリー,ガウディ×井上雄彦,
記者会見の模様。(前列左より)展覧会公式ナビゲーターの光嶋裕介氏(建築家)、スペイン大使ミゲル・アンヘル・ナバロ・ポルテラ閣下、日本側学術監修の鳥居徳敏教授(神奈川大学)ほかが登壇していました。

六本木ヒルズ,森アーツセンターギャラリー,ガウディ×井上雄彦,
記者会見では、スペインに滞在中の井上雄彦さんとのスカイプ中継もありました。

展示構成

展示の構成は、主に3つの章に分かれています。
第一章は、「建築家ガウディ」の形成期について。
ガウディの子ども時代とバルセロナでの学生期、卒業後まだ建築家として無名の頃のガウディを関連資料でたどるとともに、その世界観を井上雄彦さんが描き、表現します。

井上雄彦 ≪トネット≫ 2013年 ©I.T.Planning
井上雄彦 ≪トネット≫ 2013年 ©I.T.Planning

アントニ・ガウディ ≪大学講堂:横断面≫ 1877年10月22日 ©Càtedra Gaudí
アントニ・ガウディ ≪大学講堂:横断面≫ 1877年10月22日 ©Càtedra Gaudí

第二章は、ガウディ建築について。
当時の建築界で名を馳せるようになった黄金期のガウディが建てた代表作を図面やスケッチ、写真、模型、そして家具やデザインパーツなど、多様な作品により紹介します。また、そこには井上雄彦さんが創る異なる世界が広がります。

カザス・イ・バルデス工房(アントニ・ガウディのデザインによる) ≪カルベー氏執務室肘掛椅子≫ 1899年 ©Gasull Fotografia
カザス・イ・バルデス工房(アントニ・ガウディのデザインによる) ≪カルベー氏執務室肘掛椅子≫ 1899年 ©Gasull Fotografia

第三章は、サグラダ・ファミリアについて。
ガウディのこれまでのキャリアと人生の結晶ともいえるサグラダ・ファミリアに焦点をしぼり、その建設の歴史と発展を関連資料でたどります。井上雄彦さんが建築家から受けたインスピレーションをその独特の感性により解釈し、ガウディの宇宙観を表現します。

≪サグラダ・ファミリア聖堂模型≫ 制作:サグラダ・ファミリア聖堂模型室 ©Junta Constructora del Templo de la Sagrada. All rights reserved.,
≪サグラダ・ファミリア聖堂模型≫ 制作:サグラダ・ファミリア聖堂模型室 ©Junta Constructora del Templo de la Sagrada. All rights reserved.

ジュアン・マタマラ ≪サグラダ・ファミリア聖堂内観≫ 1949年 ©Càtedra Gaudí
ジュアン・マタマラ ≪サグラダ・ファミリア聖堂内観≫ 1949年 ©Càtedra Gaudí

また、会場内では3面スクリーンによるシアター映像、井上雄彦さんの画も動き出すプロジェクション・マッピングによる演出、床への装飾、建築構造のインスタレーションなど、多様な展示手法を通して、より深いガウディ像に迫ります。

世界最大級の手漉き和紙に描く「ガウディの世界観」

井上雄彦さんの出品作品は約40点となります。全ての作品は、今回の展覧会の為に描き下ろすそうです!その為、井上さんは現在、スペインのバルセロナに滞在してガウディの建築作品で世界遺産にも登録されている「カサ・ミラ」内にアトリエを構え、制作活動を行っています。

展示作品の中で私が最も注目したのは、世界最大の手漉き和紙に、筆でガウディの世界観を描くというもの!
和紙の大きさは、横幅10.6メートル、縦3.3メートル!ギネス記録を上回るものだそうです。井上さんは、和紙を製作する福井県越前市の上山製作所へ実際に訪れ、紙漉き職人さんの指導を受けながら、一緒に和紙を漉く予定なんですって!
井上さんが描く「ガウディの人間像とその物語」の作品が、とても楽しみですね!!

六本木ヒルズ,森アーツセンターギャラリー,ガウディ×井上雄彦,
世界遺産「グエル公園」にてスケッチする井上さん

記者会見では、この展覧会の開催のきっかけとなった一冊の本がある、と紹介をしていました。
「井上雄彦 meets ガウディ」プロジェクトで出版された『pepita』という書籍とDVDです。 スケッチ約15点、下絵約50点、写真約100点からなる書籍(創作ノート)と、井上さんがスペインのバルセロナを訪れ、ガウディゆかりの場所や人々を取材した様子などがDVDに収録されています。
今回開催される展覧会にあわせて読んでみたい一作です!

ご招待ペアチケットをプレゼント!

ガウディファンの皆様、井上雄彦ファンの皆様、お待たせしました!
今回ご紹介した「特別展 ガウディ×井上雄彦 - シンクロする創造の源泉 – 」のご招待ペアチケットを、抽選で5名様にプレゼントいたします!
下記の応募内容をご確認の上、奮ってご応募ください!

【プレゼント商品】
「特別展 ガウディ×井上雄彦 - シンクロする創造の源泉 – 」ご招待ペアチケット

【応募方法】
おもてサンドお問い合わせフォームにて、お申し込みください。
※お問い合わせ内容は「読者プレゼント」を選択し、コメント欄に「特別展 ガウディ×井上雄彦」読者プレゼント希望と明記してください。

【締切】
2014年6月30日(月)24時
※当選の際は、締切から一週間以内にご記入のメールアドレスにご連絡を致します。
※頂いたメールアドレス、及びご当選者様の個人情報は、抽選および商品配送、新商品やお得なサービスのご案内以外の目的には使用いたしません。
※メール、お電話による抽選結果のお問い合わせはご遠慮ください。
※賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。

たくさんのご応募をお待ちしております!


店名 森アーツセンターギャラリー
営業時間 展覧会ごとに異なる
住所 東京都港区六本木6−10−1 六本木ヒルズ森タワー 52F
アクセス 東京メトロ「六本木駅」 1C出口 徒歩0分(コンコースにて直結)
TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URL http://www.roppongihills.com/facilities/macg/
地図

掲載店舗の情報は、最新の情報と異なる場合があります。ご来店の際は、念の為、店舗へ直接ご確認することをお勧め致します。
万が一、掲載情報に誤りがありましたら、恐れ入りますが、編集部までご連絡を頂けると助かります。

たぬプロフィール

たぬスタンプ

オンラインショップ

  • キャラクター・スタッフ紹介
  • これキャラ

    ももんずさんどうぃっち

ページの先頭へ