アンタッチャブル タフィー原宿店 で本場の味を手土産に!

2014.09.02

2014年8月23日(土)、原宿・神宮前に、アメリカで人気のスイーツ “タフィー” のショップ&カフェアンタッチャブル タフィー原宿店 がオープン☆

ということで早速、お邪魔してきました!

アンタッチャブル タフィー原宿店
2席ほどのカウンターもある可愛いショップ♪

店名は「触ると危険」=「一度口に運ぶとクセになる」という意味が込められた<アンタッチャブル タフィー>
まだ暑い日でしたが、店内でコーヒーとタフィーにうっとりする女子続出でしたよ♪


アンタッチャブル タフィー原宿店 のタフィーは5種類♫

お店のオーナーいわく、
「タフィーと言われると日本人には甘ったるい・重いというイメージが強く、これまでウケが良くなかった」そう。
確かに、濃厚に甘いイメージは・・・はい、あります。
実際にお店で出されているタフィーは5種類
プレーンタフィー
ダークチョコタフィー
ホワイトチョコタフィー
シトロンタフィー
コーヒータフィー


Small80g:(8枚)680円/Midium130g:(13枚)980円/Large180g:(18枚)1,280円

1枚は2.5×5cm角、厚さも5~8mmほど。
Largeは多めに入っているのでお洒落な手土産になりそうですね~♫
さてさてお味はいかに!?

タフィーとドリンクの濃密マリアージュ★

では、さっそく食べ比べてみましょう!
まず、ひとくち、カリッ!サクッ!という軽快な歯ごたえ。
そして甘味も、輸入菓子特有の気絶しそうな甘さとは程遠い、
濃厚で贅沢な甘さと風味がありつつも、“過ぎない”上品な味わいです。


ドリンク片手におしゃべりに花が咲きます!

どれも軽く軽く作られた食感で、甘すぎることはないのですが、
個人的にはダークチョコの力強さ×カフェオレ、シトロンのフワッと広がる華やかな香り×紅茶、 ホワイトチョコのミルキーさ×ブラックコーヒーの組み合わせがオススメです。

1枚を手づかみで少しカリッ、苦めのコーヒーをぐびっ♫
おしゃべりして、またカリッ。
まるで気分はアメリカンガール☆彡
ゴシップや恋話で盛り上がる女子会でアガること間違いなしの手土産ですね!


右:タフィー職人クリス・キンダランド氏

この日は本場アメリカのタフィー職人、クリス・キンダランド氏も来日しており、
タフィーを作っておられました。
オーナーと並んでいい笑顔☆本場の味がここから始まるんですね〜
他にもタフィーモカ(アイス)S480円などがあり、 タフィー作りに使われているダークチョコや砕いたタフィーのざくざくを、 ホイップクリームの上にトッピングした食感も楽しいスウィーツ感覚でいただけるメニューも。ぜひTRYしたい♬

もはや世界中の美味が食べられる街、トーキョーハラジュク!今日もごちそうさまでした~。


店名 アンタッチャブル タフィー 原宿店【閉店】
地図

掲載店舗の情報は、最新の情報と異なる場合があります。ご来店の際は、念の為、店舗へ直接ご確認することをお勧め致します。
万が一、掲載情報に誤りがありましたら、恐れ入りますが、編集部までご連絡を頂けると助かります。

たぬプロフィール

たぬスタンプ

オンラインショップ

  • キャラクター・スタッフ紹介
  • これキャラ

    ももんずさんどうぃっち

ページの先頭へ