【表参道】酒茶金田中で和のおもてなし感じるひととき

2014.12.29

年末年始はなにかと和の文化に触れる機会が多いいものですね。
ふとした瞬間に“おもてなし”の国、日本ってやっぱり良いな〜と思うこの頃。

今日は表参道駅から徒歩3分にありながら、背筋を伸ばして訪れたくなる老舗和割烹の和カフェ酒茶金田中 へ行って参りました。
表参道駅A1出口を出て、三菱UFJ銀行の看板からまっすぐ進むとこんなオブジェが。

” この奥に一体どんな空間が・・・?

目前に表れる石の階段の先に金田中の世界が広がります。さぁ、行ってみましょう。


これが金田中の空間です。

石の階段をのぼった先に、待っていたのはこのお庭でした。
整えられた石庭は空気もスンと冷えていて、心が清められるよう。

酒茶金田中の石庭 和の心に背筋が伸びます

ちょうど陽の光が差し込んで、お店には美しい葉の陰が。少し緊張気味に扉を開け席に案内されると・・・。

酒茶金田中の外観 白壁に木陰が美しい

白木のカウンターと大きなテーブル席、奥には向かい合って静かに語らうことができる丸椅子とテーブルの席が。

酒茶金田中の席 表参道とは思えない和の空間に背筋が伸びます

酒茶金田中の席 あのオブジェが見えています

カウンターから見える庭、テーブル席から見えるあのオブジェ、全てが完璧にしつらえられた空間はいつもと違う自分を引き出してくれそう。

金田中の定番「白菊餡の峰岡豆腐」とお抹茶

カフェメニューは素材にこだわって丁寧な製法でつくられた甘味を中心に、 季節の素材が盛込まれています。

お汁粉などの温かいメニューも気になりましたが、まずは定番と言われる嶺岡豆腐から。

白菊餡の峰岡豆腐 700円 お抹茶 1000円白菊餡の峰岡豆腐 700円(税込)、お抹茶 1000円(税込)ですが、一緒オーダーすると500円引きになります。

白菊餡の峰岡豆腐 とろんつるん♪とした柔らかな甘み

甘味と飲み物を一緒にオーダーすると500円引きになるので、お得でした。
他にもコーヒーや紅茶もあるので、大切なティータイムを過ごすのもいいですね。

今度はディナーをいただきたいな

そもそも金田中は、老舗料亭 新ばし金田中を本店とし、数寄屋 金田中では能楽堂公演とお料理の会など、格式高く気品ある席が用意された和料亭。

ランチやディナーにも、おもてなしの心が行き届いた懐石料理や、気軽にいただけるコースも用意されています。
駅から近く、表参道にいることを忘れさせてくれるこの空間に、次は特別なディナーをいただきに、着物でお洒落をして訪れたいな。


店名 酒茶金田中
営業時間 11:30~20:30(ラストオーダー)
定休日 無休(オークビルに準じる)
住所 東京都港区北青山3-6-1 オーク表参道 2F
アクセス 東京メトロ「表参道駅」A1出口徒歩3分
TEL 03-6450-5116
URL http://www.kanetanaka.co.jp/restrant/sahsya/food.html
地図

掲載店舗の情報は、最新の情報と異なる場合があります。ご来店の際は、念の為、店舗へ直接ご確認することをお勧め致します。
万が一、掲載情報に誤りがありましたら、恐れ入りますが、編集部までご連絡を頂けると助かります。

茶洒 金田中(サーシャカネタナカ)関連キーワード

たぬプロフィール

たぬスタンプ

オンラインショップ

  • キャラクター・スタッフ紹介
  • これキャラ

    ももんずさんどうぃっち

ページの先頭へ