原宿産のはちみつはココで生まれる!コロンバン原宿本店養蜂場

2013.06.03

暖かい日が続きますね。皆様ご機嫌いかがでしょうか?まあやです。
晴れた日は表参道のケヤキの葉がキラキラと輝いていてキレイです★

たぬがご紹介しているコロンバンのはちみつフェアのはちみつスイーツはもう食べましたか?
コロンバン原宿本店では、屋上で採れた「自家製はちみつ」を使った本店限定のスイーツが大人気ですが、世界のはちみつを使った新作の「はちみつフェアスイーツ」も絶品です!原宿に立ち寄ったら、ぜひお召し上がりくださいね。6月14日まで開催しています。

本日は、コロンバンの自家製はちみつの美味しさを解明するため、コロンバン原宿本店の屋上養蜂場をご紹介します!コロンバンの自家製はちみつは、どのようにして作られているのか、その背景に迫りたいと思います。

表参道,原宿 スイーツ,コロンバン 原宿,原宿 はちみつ,原宿産のはちみつはココで生まれる!コロンバン原宿本店養蜂場
世界の様々なはちみつを使ったコロンバンのはちみつフェアのスイーツ

原宿は養蜂に適している?

植物や農作物の花粉交配に大きな役割を担うミツバチを増やし、自然環境に貢献したいと考えるコロンバンの養蜂事業は、社会貢献プロジェクトとして大変注目をされています。
「原宿で、はちみつが採れるの!?」と驚く方も多いかと思いますが、実は原宿周辺には代々木公園や明治神宮、都立青山公園、新宿御苑、赤坂御苑など広大な森や自然が多くあり、蜜源となる花も多いので養蜂に適している土地だそうです。

日本の養蜂会の重鎮が協力

コロンバンが養蜂事業を始めたきっかけは、原宿で養蜂経験を持つ養蜂家の藤井新三さんとの出会いでした。 藤井さんは創業100年以上となる株式会社藤井養蜂場の東京地区販売会社、ミツバチ産業株式会社の会長さんで、しかも!古くから原宿のご自宅で養蜂を行っていたそうです。こうした養蜂のスペシャリストの藤井さんの協力のもと、2010年5月からコロンバンの養蜂事業が始まりました。

表参道,原宿 スイーツ,コロンバン 原宿,原宿 はちみつ,原宿産のはちみつはココで生まれる!コロンバン原宿本店養蜂場
巣箱の出入り口。大量のミツバチが飛び立っている様子

表参道,原宿 スイーツ,コロンバン 原宿,原宿 はちみつ,原宿産のはちみつはココで生まれる!コロンバン原宿本店養蜂場
脚が黄色く色づいているのが花粉です!お腹にも蜜が溜まっていて、オレンジ色になっていますね!

コロンバンの「みつばち委員会」スタッフとは

コロンバンが養蜂事業を始めた頃は、コロンバンのベテラン社員の2名がミツバチのお世話をしていました。「最初はハチを見ると恐かったのですが、今は同じ社員のような感じで接しています。」と、ミツバチのお父さんと呼ばれている総務部部長の布川さんが、当時のことを笑顔でお話し頂きました。
現在はミツバチ研究で有名な玉川大学出身の養蜂専任スタッフ2名が入り、コロンバンみつばち委員会はさらに活気に満ちています!

表参道,原宿 スイーツ,コロンバン 原宿,原宿 はちみつ,原宿産のはちみつはココで生まれる!コロンバン原宿本店養蜂場
コロンバンの養蜂スタッフ、ミツバチ委員会の方々。(左)布川さん(中央)塩原さん(右)白井さん。制服は白のツナギと麦わら帽子です。

養蜂のお仕事とは

養蜂スタッフの主な仕事は「ミツバチ達が効率的にはちみつを作る為の環境整備」だそうです。

まずは、ハチの気持ちになることが基本!!ということで・・・
例えば、強風の中では働きバチの活動を左右する大問題となるので、巣箱周辺には、風に流されず安心して巣に戻れるように風よけの壁を作ったり、
巣作りのハチ達が効率的に巣を作れるようにと、ハニカム構造の板を巣箱に入れて土台を作ってあげるなど、ヒトが働くハチの活動をお手伝いしています。

日常的な業務は、週に2回ミツバチ達が住んでいる巣箱をひとつひとつ確認する「内検」を行っています。ミツバチの社会は生死のサイクルが早く、巣箱の中は新陳代謝が絶えません。ミツバチの群(ぐん)を常に観察する必要があります。
女王バチの有無やミツバチ達の健康診断、花粉や蜜の量、ミツバチ達が無駄に巣を作っていないかなどを注意深くチェックをし、巣箱の管理を行っています。

表参道,原宿 スイーツ,コロンバン 原宿,原宿 はちみつ,原宿産のはちみつはココで生まれる!コロンバン原宿本店養蜂場
ミツバチが巣を作りやすくする為に、予め巣の元となる六角形の板を入れておくと・・・

表参道,原宿 スイーツ,コロンバン 原宿,原宿 はちみつ,原宿産のはちみつはココで生まれる!コロンバン原宿本店養蜂場
ミツバチ達が蜜や花粉を貯めていくのです!自然ってスゴイ。

表参道,原宿 スイーツ,コロンバン 原宿,原宿 はちみつ,原宿産のはちみつはココで生まれる!コロンバン原宿本店養蜂場
ミツバチがはちみつを吸っている様子を激写しました。細~~~い舌を出しているのがお分かりになりますか?この舌は筆のようになっていて何本も細い繊維のようなモノが束になっているんだそうです。

ミツバチの社会構成

ミツバチの社会は女王バチを中心に、花粉や蜜を運んだり巣を作ったり、幼虫のお世話をしたり外敵を監視する働きバチと、攻撃能力を持たない(ハリがない)雄バチで構成されています。

一番数が多いメスの働きバチの寿命は、繁忙期では、わずか一ヶ月ほど。そんな彼女達が一生のうちに運ぶはちみつの量はティースプーン1杯分なんですって!私たちがスーパーなどで目にしているはちみつの量は、数え切れない程のミツバチの活躍によって作られたものなんですね。ありがとうミツバチさん。。。

女王バチとロイヤルゼリー

働きバチに比べて体が大きいのが女王バチです。巣箱には一匹だけの女王バチが生息するように管理してあります。 女王バチの仕事は主に「産卵」です。生まれてから成虫になると、すぐに複数のオスと上空で交尾をして、一日で2000~3000個の卵を産みます。その中でも「王台」という特別な部屋に産み落とされた卵には、働きバチからロイヤルゼリー(王乳)を与えられ、次世代の「女王バチ」が誕生していきます。

表参道,原宿 スイーツ,コロンバン 原宿,原宿 はちみつ,原宿産のはちみつはココで生まれる!コロンバン原宿本店養蜂場
中央が女王バチ。周りの働きバチに比べると女王バチはお腹の部分がとても大きいのが分かります。このお腹の中には沢山の卵が入るのです。

表参道,原宿 スイーツ,コロンバン 原宿,原宿 はちみつ,原宿産のはちみつはココで生まれる!コロンバン原宿本店養蜂場
巣に出っ張った穴がひとつ、これが女王バチが育つ部屋「王台」です。ここの部屋にロイヤルゼリー(王乳)が運ばれてくるのです!


春は養蜂の最盛期!コロンバン屋上の採蜜現場を見学

採蜜の流れ

5月下旬、おもてサンド取材班は早朝に行っている採蜜現場を特別に見学させて頂きました!

4月~6月は養蜂場に約20万匹の西洋ミツバチが活動する、養蜂の最盛期となります。
この期間に取れるはちみつの量は、1斗缶10缶分(約200キロ)だそうです!!様々な花の蜜が合わさった百花蜜は、コロンバンで作られる様々なスイーツに使われています。

表参道,原宿 スイーツ,コロンバン 原宿,原宿 はちみつ,原宿産のはちみつはココで生まれる!コロンバン原宿本店養蜂場
コロンバン本店の屋上養蜂場。採蜜作業は早朝7時頃から、晴れた日に行います。

表参道,原宿 スイーツ,コロンバン 原宿,原宿 はちみつ,原宿産のはちみつはココで生まれる!コロンバン原宿本店養蜂場
巣板。たっぷりとはちみつが入っているものだと一枚で約1キロ分も採れるそうです。蜂ブラシを使って巣板から静かにハチを落とします。

表参道,原宿 スイーツ,コロンバン 原宿,原宿 はちみつ,原宿産のはちみつはココで生まれる!コロンバン原宿本店養蜂場
ミツバチがのいない巣板を・・・

表参道,原宿 スイーツ,コロンバン 原宿,原宿 はちみつ,原宿産のはちみつはココで生まれる!コロンバン原宿本店養蜂場
蜜刀を使って巣房の蜜ブタを切りとると・・・

表参道,原宿 スイーツ,コロンバン 原宿,原宿 はちみつ,原宿産のはちみつはココで生まれる!コロンバン原宿本店養蜂場
はちみつが大量に出てきました!

表参道,原宿 スイーツ,コロンバン 原宿,原宿 はちみつ,原宿産のはちみつはココで生まれる!コロンバン原宿本店養蜂場
巣板を、専用の遠心分離機を使って手でハンドルを回すと・・・

表参道,原宿 スイーツ,コロンバン 原宿,原宿 はちみつ,原宿産のはちみつはココで生まれる!コロンバン原宿本店養蜂場
遠心力ではちみつが飛び散って、下に溜まっていきます。

表参道,原宿 スイーツ,コロンバン 原宿,原宿 はちみつ,原宿産のはちみつはココで生まれる!コロンバン原宿本店養蜂場
蓋を開けると採れたての自家製はちみつが、とろ~っとでてきました!

4、5月の時期は主にニセアカシアの花蜜が多いそうです。原宿周辺でニセアカシアの花にミツバチが止まっていたら、コロンバンさんトコのミツバチかもしれません。
※蜜源参考→原宿ミツバチブログ「5月に咲く花たち」

表参道,原宿 スイーツ,コロンバン 原宿,原宿 はちみつ,原宿産のはちみつはココで生まれる!コロンバン原宿本店養蜂場
左側が春の時期に採れたはちみつ。次第に秋にかけて色が濃くなっていき味も変わっていくそうです。

自家製原宿はちみつの味は?!

採れたての自家製はちみつを試食させて頂きました!
口当たりがさらっとしていて、甘みと同時に花の香りが口の中に残ります。はちみつというと、濃厚な甘さをイメージしますが、コロンバンの自家製はちみつは、さっぱりした甘さでとても食べやすかったです!

昨年秋にも取材で、コロンバンの自家製はちみつを試食させて頂きましたが、その時はハーブのような香りと濃厚な甘さでした。季節ごとに蜜源となる花が変わり、味が変わっていくものなんですね。違う季節に、また自家製はちみつを試食できて幸せです。。。

表参道,原宿 スイーツ,コロンバン 原宿,原宿 はちみつ,原宿産のはちみつはココで生まれる!コロンバン原宿本店養蜂場
花の香りがするはちみつを試食する、たぬ。ぺろたぬ。

ミツバチが残していくもの

はちみつ以外にも、ミツバチ達は沢山の貴重なものを残してくれます。
蜜蝋(みつろう)は、ミツバチが巣を作る際に出した蝋で、保湿や抗菌性、防水性に優れています。特に化粧品の原料としてクリームや口紅などに使われることが多いようです。ヨーロッパの教会では蜜蝋キャンドルが多く使われています。燃えるとほのかに甘い香りがするらしいですよ。

表参道,原宿 スイーツ,コロンバン 原宿,原宿 はちみつ,原宿産のはちみつはココで生まれる!コロンバン原宿本店養蜂場
コロンバンの養蜂場で採れた蜜蝋です。

表参道,原宿 スイーツ,コロンバン 原宿,原宿 はちみつ,原宿産のはちみつはココで生まれる!コロンバン原宿本店養蜂場
お湯でとかして固形にします。

ハチは、とにかくスゴイ!!

今回の取材を通して、コロンバンのはちみつのこと、ミツバチのことをたくさん聞かせて頂きました。コロンバンの屋上には、死んでしまったミツバチを鳥が食べに来るなど、原宿に生息している鳥達にも大人気なんだそうです!コロンバンは原宿近辺の生態系にも一役買っているんですね。

コロンバンの原宿はちみつロールや、原宿はちみつプリンなどの自家製原宿はちみつ商品は、こうした自然の恵みの中で生まれたものだったのです!はちみつ製品の奥深さを知る、とても貴重な体験となりました。

コロンバンの社員の皆さんも、養蜂を始めたことによって、環境を考える意識が変わったといいます。自然を学び、楽しみながらハチを育てているコロンバンのスタッフの方々が、とても印象的でした。地域の自然の事も考えて働くって素晴らしいことですよね。これからも美味しい自家製原宿はちみつが出来るように、おもてサンドはコロンバンの養蜂場を応援していきます!!

【関連記事】
原宿新聞 「原宿はちみつ」で地域貢献・社会貢献へ 小澤 俊文さん(コロンバン社長)
シブヤ経済新聞 原宿「コロンバン」屋上でミツバチ12万匹飼育-パワースポットから収みつ
原宿・表参道のパワースポットでコロンバンのミツバチプロジェクトが始動 安全・安心へのこだわりと、原宿ブランドの更なる向上を目指して
NHKゆうどきネットワーク 東京☆街ナビ 青山原宿界わい編に出演しました


より大きな地図で コロンバン原宿本店サロン を表示
店名 colombin(コロンバン)原宿本店
営業時間 10:00~21:00
日・祝:10:00~20:00
定休日 無休
住所 東京都渋谷区神宮前6-31-19
アクセス 東京メトロ 明治神宮前駅 4番出口 徒歩1分
JR 原宿駅 表参道口 徒歩4分
TEL 03-3400-3838
URL http://www.colombin.co.jp/
地図

掲載店舗の情報は、最新の情報と異なる場合があります。ご来店の際は、念の為、店舗へ直接ご確認することをお勧め致します。
万が一、掲載情報に誤りがありましたら、恐れ入りますが、編集部までご連絡を頂けると助かります。

たぬプロフィール

たぬスタンプ

オンラインショップ

  • キャラクター・スタッフ紹介
  • これキャラ

    ももんずさんどうぃっち

ページの先頭へ