オモサン♥こだわりお店ガイド☆
2012.02.09

第5回 表参道エリア、気になるおすすめチョコレート

2012年もあっという間に一カ月が過ぎ、気づけば表参道界隈のショップウィンドウはバレンタイン一色!!差し上げたい女子も、頂きたい男子も、自分で食べたい女子も(バレンタインの80%はこれで出来ていると思う!)、ドキドキわくわく心が躍る季節の到来です。 表参道地域は有名ショコラティエの路面店がたくさん並ぶチョコレート激戦区。というわけで今回は、「ガァ子が今個人的におススメしたいチョコレート」を2店舗紹介いたします。

ときめくスイーツが並ぶ「アニバーサリー」

言わずと知れたウエディングケーキのパイオニア的お店。オーナーの本橋シェフは、当時イミテーションばかりだったウエディングケーキ界に生ケーキを持ち込み、その素晴らしさを伝えた方です。芸術品のようなシュガークラフトで飾られたウエディングケーキは女の子の憧れですよね(そして食べられるんだから最高)~!

アニバーサリー
表参道から青山通りを越えて六本木方面へ、丁字路手前の右側のコレッツィオーネビル。
コンクリートに囲まれた通路を進むと秘密の花園のようにお店が出現します。

 

店内に入ると、ケーキや内装の見た目、色合い、雰囲気、すべてがまさに「かわいい」で埋め尽くされています。実はこのガァ子、ピンクや花柄やハートなどファンシーな雰囲気はあまり得意ではありません。ですがこのお店にいると体の奥底に沈んでいた女心をくすぐられてしまいます。品が良くやさしい、上質なかわいらしさだからこそそんな気持ちにさせてくれるのだと思います。

 

応対してくださった店員の小山さんに、こちらの売れ筋をうかがうとケーキではショートケーキとレアチーズケーキが人気だそう。特に丸いショートケーキは一人のために作られたホールケーキのようで、そのスペシャル感とかわいさから口コミで人気が広がったのだとか。

ケーキのショーケース
バタークリームなどでデコレーションされたケーキはアニバーサリーならでは。
オーダーメイドのホールケーキは大切な人のお祝いに頼みたい。

 

女の子がキュン!とするチョコレート

 


3個入り1,050円、6個入り1,575円、8個入り2,100円。
6個入りが人気で、3個入りは自分用やお友達にあげる方が多いそう。

アニバーサリーが今年バレンタインに提案するチョコレートは、ピンクフォーチュネット(ピンク色の幸福)という名前のトリュフ。

 

ガァ子「まさに『アニバーサリー』という雰囲気のチョコレートですね。ピンクのトリュフにバラが飾られていて、キラキラしています!」
小山さん「パウダーをかけてキラキラさせています。最近はシックなものが多いですが、女の子らしいものが好きだという方には喜ばれます。シャンパンを加えたやわらかいガナッシュにホワイトチョコレートとストロベリーチョコでコーティングしています」

 


2個入り546円、6個入り1,428円、
10個入り2310円、15個の木箱入り3,622円。

常時バラ売りで販売しているチョコレートも、この時期になると詰め合わせてバレンタインギフトとして販売しています。ストロベリー&カプチーノは定番の人気のチョコレート。特にストロベリーのトリュフは中にイチゴの果肉が入っていて、食べた瞬間甘酸っぱいイチゴの風味が口全体に広がります。「食べたお客様が、思ったよりイチゴ!って驚かれるんですよ」とのことで、小山さんも個人的には一番のおすすめですと教えてくれました。

 

 

 

 


栗チョコは2個入り609円から、あんずの生チョコは2個入り
567円から販売。詳細はお店までお問い合わせください。

その他、冬季限定発売にも関わらず一年中問い合わせが来るという栗チョコは、裏ごしして丸めた栗にチョコをコーティングした一品。栗を食べているかのような贅沢&濃厚なお味なので栗好きならぜひ一度お試しを。
また白ワインで煮た酸味のあるあんずにスイートチョコレートを挟んだ「あんずの生チョコ」は大人の女性に人気。甘酸っぱさとチョコレートの甘さが絶妙で、あまり他では見かけないチョコレートではないでしょうか。お友達やお世話になっている女性などにあげれば喜ばれること間違いなし!(実はガァ子一番のおすすめはこちら。定番として販売しているいちぢくのチョコレートもおいしいですよ~)

 

 

Anniversary(アニバーサリー) 青山本店
住所:東京都港区南青山6-1-3 コレッツィオーネ1F
営業時間:11:00~19:00
休日:月曜日(但し祝日にあたった場合は翌火曜日が休み)

今、話題の「コンパーテスショコラティエ」

続いて紹介するのは、ロサンゼルスでハリウッドセレブたちを虜にしているという話題のショコラティエ。昨年1月に日本に上陸するとあっという間に店舗数を増やし、昨年9月、ここ表参道に満を持して日本初の路面店がオープンしました。今一番勢いのあるショコラティエと言っても過言ではありません。

コンパーテスショコラティエ
表参道と青山通りの交差点からすぐ、青山通り沿いに店舗を構えています。オーナーのジョナサンの大きな看板が目印。

 

コンパーテスと言えば、スカル柄のポップなチョコレートが有名です。オーナーのジョナサン・グラムは2003年、19歳で父からコンパーテスを引き継ぎ、その独自のセンスで革新的でユニークなスタイルのチョコレートを作り上げました。彼のインタビュー記事を読むと「チョコレートはファッションで、スタイリッシュ」なんて言葉も飛び出していて、ヨーロッパのショコラティエとは一線を画したそのスタイルが興味を惹きつけます。

 

「もちろん、見た目だけではなく味もしっかりしているというところでまた多くの方に受け入れていただいたのだと思います」と話してくださったのは青山店店長の松村さん。やはり一押しはスカル柄のオリジナルトリュフだそう。

ガァ子「スカル柄以外にもいろいろな柄があったんですね!味も、ゆず味なんてものが!」

松村さん「ええ、ゆずは日本限定なんです。実はその他のチョコレートもすべて日本の気候と趣向に合わせてオーナー自ら配合のレシピを変えているんですよ」

ガァ子「ちなみに、おすすめのお味はありますか?」

松村さん「ゆずです(即答)!それと……女性にはストロベリールージュですね。かじっていただくと、中がすごく鮮やかな赤色で、ホワイトチョコレートの甘さとストロベリーの酸味が楽しめます」

ちなみにゆず味、風味だけではなくゆずの酸味までしっかりと残っていて、濃厚なチョコレートにさわやかな後味が新鮮でした。

オリジナルトリュフ
緑のスカルがゆず、赤のスカルがルージュ。値段は1個315円、3個入り、5個入り、10個入りの箱に詰めることができます。

バレンタインも遊び心満載で

 


ラブフルーツは2520円と1260円箱入りのもの、
また袋入りは525円とお手頃。

こちらの店舗で、というより全店舗で一番人気だというチョコレートが「ラブフルーツ」です。セミドライ加工のドライフルーツにチョコレートをディップ。ドライフルーツとは思えないほど柔らかい食感で、なおかつドライフルーツの甘さもある摩訶不思議なおいしさ。

 

 

松村さん「フルーツは7種類あるんですが、ディップしているチョコレートもフルーツに合わせて変えているんです。リピーターのお客様も多くて、バレンタインのギフトとしてもおすすめしたいです」

 

 

袋入りのものは大きさも値段もお手頃、さらに見た目もキュートなのでお世話になっている方や友達へのちょっとしたプレゼントに最適です。箱入りを買えば、職場の皆さまでどうぞ~なんて場面にぴったりなのでは!?

ガァ子が個人的に友達や同僚にあげたいなと思っているのが「ラブナッツ」。

 


値段は1,260円と525円の二種類。
味はチョコレート、ホワイトチョコレート、キャラメル。
ホワイトとキャラメルは日本限定発売。

松村さん「ナッツを丁寧にローストして、シーソルトをかけた上にチョコレートをコーティングしています」

 

ローストした香ばしさとチョコの甘さ、シーソルトのしょっぱさが絶妙にマッチしていて、後引く味、癖になる味とはまさにこのこと。ナッツはピーカン、カシュー、マカダミアの三種類あり、おすすめはピーカンです。クルミ科のナッツで、クルミに似ていますが脂肪分を多く含むためマイルドでチョコによく合い、口の中にナッツが最後まで残ってしまうような感じもありません。

 


バレンタインの時期はセットのみの扱いとなるそうなので
お問い合わせを。

 

最後にご紹介するのは、バレンタインの時期限定の商品です。ひとつはハート型のトリュフを加え、さらに人気の高いトリュフを詰め合わせたセット。ハートはホワイトガナッシュを利用したプレーンタイプ。セットの内容や値段などはお店に問い合わせてみてくださいね。

 


値段は1本525円。人気商品なのでお早めにどうぞ!

 

もうひとつは、これぞコンパーテス!というアイテム、「スカルスティック」です。スカルの目がゴールドでなかなかクール。味はスイート、ミルク、デンジャーの三種類。デンジャーにはカイエンペッパーを加えており、うま辛なチョコレートに仕上がっているのだとか。おしゃれでユーモアセンスのある男の子にあげたいなぁと想像が膨らみますね。

 

コンパーテスショコラティエ 青山店
住所:東京都港区南青山3-12-11-1F
営業時間:平日、土曜10:00~21:00 日祝日10:00~20:00
休日:無休

たぬプロフィール

たぬスタンプ

オンラインショップ

  • キャラクター・スタッフ紹介
  • これキャラ

    ももんずさんどうぃっち

ページの先頭へ