9/15〜17 台湾雑貨や服のネットショップ、チャイナローズが表参道に出店するたぬ!

2012.09.11

9/15〜17の3連休、営業時間は3日間とも11~17時限定のオープンたぬ

 9/15〜17の3連休限定で、あの台湾雑貨や服を日本で販売し続けて10年のチャイナローズが表参道の株式会社ボイジャーのオフィスBに出店するたぬ。

営業時間は3日間とも11~17時たぬよ。

 チャイナローズは、前代表の萩野紀代が台湾の伝統文化を大切にしながら新しい物も取り入れて行こうとする姿勢や家族を大切にする人々の姿に感銘を受け、台湾のことをもっと日本でも知ってもらいたいと思い始めたネットショップ。

 主に台湾の服や雑貨を扱っているたぬ。決して派手さや奇抜さは無いが、伝統の中に新しいデザインを取り入れたモダンチャイニーズなファッションが密かに注目を集め、少しずつではあるが、着実にファンを増やして来たということたぬ。

 ネットショップを基本としているが、これまでも自由が丘や大船などで期間限定で出店も行って来てるたぬ。今回満を持しての表参道出店たぬよ〜!


台湾で有名な2人のデザイナーの服や雑貨を扱っているたぬ

 チャイナローズの特徴としては、台湾で有名な2人のデザイナーの服や雑貨を扱っている事が挙げられるたぬよ。

ヂェン・ホェヂョン

ヂェン・ホェヂョン
ヂェン・ホェヂョンさん、カンフー映画に出てきそうたぬ

彼は麻や綿を使ってデザインするデザイナーだ。

学生時代に工業デザインを学び、その後社会に出て台湾原住民族の伝統的な文化に興味を持ち、伝統文化と機能性・自然の物を大切にする思想から麻をデザインの素材に選び服等を作っている。

市場性よりも着ていて気持ちのよいものを念頭に製作を行っている。

また、染色の水が川を汚すことから、なるべく色が出なくなるまで染めてから捨てるという、自然に対する強い思いやりをもって製作を行っている。

彼の作品はグラデーションが非常にきれいで、日本人にも大変人気があり、彼の工房には日本の方も大勢訪れているとのこと。

彼の作品は日本を代表するデパート等でも販売されていたことがある。

工房
カラフルな品揃えのヂェン・ホェヂョンさんの工房

 


ジョシー・チャン

ジョシー・チャン
ジョシー・チャンさん、カンフー映画のヒロインにいそうたぬ

台湾の原住民族ミャオ族の衣装研究で知られる女性デザイナー。

ミャオ族は世界のデザイナーも注目する素晴らしい伝統衣装を継承しており、ジョシー・チャンは中国貴州地方を周り慣れない土地で大変な体験をしながら、衣装の収集をたった一人で行い、現在ミャオ族の衣装の90%を所持している。

チャイナローズで販売しているミャオ族の衣装もジョシー・チャンの収集した貴重なもの。 この収集の体験を基にオリジナルデザインの服を販売する「繍花房」を台北市内にオープンした。

ここチャイナローズで販売しているジョシー・チャンの服はミャオ族の衣装の影響を受け、伝統的なものを色濃く残している。

モダンチャイニーズと伝統の融合から生まれた、新感覚のデザインを是非楽しんでいただければと思っている。

繍花房
ジョシー・チャンさんの台湾のお店たぬ
行ってみたいたぬ
店内
チャイナ服かわいいたぬ。
たぬもチャイナ服きて肉まん食べたいたぬ

 


今回、彼らの作品を多数展示・販売を行うたぬ。

この機会に、台湾人としての誇りを持って制作された商品に触れにチャイナローズ遊びに行っチャイナ!たぬ。。。


関連記事

    関連記事はありません。

関連キーワード

    関連キーワードはありません。

たぬプロフィール

たぬスタンプ

オンラインショップ

  • キャラクター・スタッフ紹介
  • これキャラ

    ももんずさんどうぃっち

ページの先頭へ